日本で唯一!下北で飲める3Dカクテルとは!!

 
 

 
少し前に流行した3Dラテアート。エスプレッソの上に描かれたキャラクターや有名人の顔をイメージしたものなどを立体的にデコレートした3Dラテアートは、記憶に新しいのではないかと思います。
 
そして今、3Dアート第二弾。大人だけが味わえる「3Dカクテル」が話題になっているんです。ドラマでも使用された3Dカクテルは、女性のみならず男性からの支持も強く、わざわざ遠方からもたくさんの方が足を運んでいるのだそうです。
 
それでは、今回は、3Dカクテルの人気の秘密を探ってみたいと思います。
 
 

作り手は“魔法使い”?!

 
この3Dカクテルを生み出したのは、都内在住のあるバーテンダーの須永真由美さんです。
 
元々はケーキ屋さんに勤めていた彼女。幼い頃に、地元のケーキ屋さんに勤めている近所に住むお姉さんから、「甘いものを食べる人を笑顔に変える魔法が使える」という言葉を受けて、自分も魔法を使えるようになりたい!という思いからパティシエを目指したのだそうです。
 
無事、ケーキ屋さんに勤めるという夢を叶え、今度はお酒に触れる機会が多くなり次第に興味を持ち始めた頃、今勤めているバーから声をかけられたのだとか。
 
 

3Dカクテルの魅力とは

 
3Dカクテルは、その名の通り立体的にデコレートしたカクテルです。ベースとなるのは、アートに使う生クリーム。そして、相性のよいミルク系やチョコ系、紅茶系などの10種類以上のリキュールから好きなものを選びます。
 
ひと口のむと、その優しく甘い味わいに、思わず笑顔になる美味しさと評判なのだそうです。
 
また、注文の際に、デザインのリクエストをするとその場で作ってくれるというところも人気のひとつ。人気のデザインはクマやうさぎなどの可愛い動物系だけでなく、ゆるキャラなども多いのだとか。
 
その他には、例えば「夏向けのものを作ってください」とオーダーすると、夏らしさ満点のハイビスカスやスイカ、パラソルがついたものを提供してくれます。
 
このように、季節感を大切にして、花や小物などでアクセントを出していこうと考えているのだそうです。
 
 

完成までの道のり

 
「お酒の3Dアートって見たことないね」という同僚の一言から、3Dアートを考案することになったのだそうですが、当初は苦労した点があるようです。
 
それは、ラテアートとは違い、カクテルは四角い氷を使うため、土台がグラグラと不安定になってしまうこと。崩れないようにするためにはどうすればよいかと試行錯誤の結果、グラスをクラッシュアイスで満たし、リキュールを流し込んで混ぜ、その上に、生クリームをたっぷりのせると安定させることを思いついたそうです。
 
 

まとめ

 
「甘いものを食べる人に笑顔の魔法をかけたい」そんな少女の小さな夢は、忙しく生きる現代人の甘い幸せを与えているようです。仕事帰りやデートの際に、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
 
DUKE CAPO  http://r.gnavi.co.jp/a095604/
3Dカクテルは800円〜(税別)
 
 
飲食店の総合支援サービスサイト「飲食店支援.COM
集客できるハイクオリティーWEB制作「飲食店ホームページ制作
飲食業のみに特化した税理士紹介サービス「飲食店税理士紹介
繁盛店が選ぶ、内装デザインのプロが集結「飲食店内装デザイン
手数料業界最安値の飲食店専門居抜き物件紹介サイト「飲食店居抜きネット

 
 
 

りょーちゃん

ライター紹介:りょーちゃん

美味しいものが大好き!美味しそうな匂いがするところには迷わず入っていきます。たいして大食いでもないのに、「今日は食べられる!」と意気込み、大食いチャレンジは必ず参加するチャレンジャーです。
記事一覧はこちら

Pick Up おすすめ記事