ボジョレーヌーヴォーは駄作か否か【深すぎるワインのうんちく・その1】

 
皆さんこんにちは。

 

この10年ほどのうちにボジョレーヌーヴォー解禁はすっかり日本の文化に根付いたようで、11月の第3木曜ともなれば、町の激安ディスカウントスーパーからお高めのデパートまで、食料品売り場はワインコーナーを設置、解禁日のイタリアンのディナー予約をする者であふれ、世間は、なにがなんだかわかりもしない遠いフランスのお酒のお祭りに参戦している現状。
 
さてそんな中で昨今、多々見かけるのはこんな意見。
 
「ボジョレーなんて美味くもないのにありがたがって」
「フランス人だってあんなもの美味くないって言ってるよ」
 
なんて、いやいやちょっとお待ちください、そこのアナタ。なにか勘違いしていやしませんか。ボジョレー・ヌーヴォーって、そんなワインでしたっけ?
 

ボジョレーとはそもそも何者か?

 
ボジョレーとはそもそも何かと言いますと、フランスはブルゴーニュにある地区の名前なんです。
 
ボジョレー・ヌーヴォーとは、「ボジョレー地区で作られた新酒」という意味なのですが、如何せん勘違いをされることが多く、ボジョレーと名付いているワインすべてがまるで11月のお祭りで使われる新酒ワインかのように思われていますが、そうではありません。
 
ボジョレーで作られたワインの中には、AOCを取得し10のクリュ・ボジョレーのうちのひとつでもあるコート・ド・ブルイィなどのように、さくらんぼのアロマと熟成した味わいを持つ女性的で繊細なワインなども含まれ、一概に「できたばかりのお祭りワイン」などばかりではないんです。ですので、「ボジョレーなんて」などと安易にひとくくりにして知った顔をするのはあまりにもナンセンス。
 
 

ボジョレー・ヌーヴォーが「酸っぱくて深みがない」のは当たり前?

 
ボジョレー・ヌーヴォーが「酸っぱいだけで深みもなく美味くもない」なんて、そりゃあ当たり前と言えば当たり前なんですね。
 
だってボジョレー・ヌーヴォーとはそもそも「ぶどうを収穫してから30日~50日ほどしか経っていないワイン」のことを指すのですから。元はといえばこのヌーヴォー、できたばかりのワインの出来栄えを調べるためと同時に、秋の収穫祭で神様に対して「今年も美味しいワインをありがとう」と感謝するために皆でお祭りとして飲み始めたのがことの始まり。
 
日本で例えるならば、お正月や秋祭りでふるまわれる樽酒の味が「あんなもの美味くないのに」「日本人も美味しくないって言ってるよ」などと言うのと同じこと。そう考えてみると、ずいぶんおかしな話ですよね。
 
ボジョレー・ヌーヴォーは「神様への感謝」と「収穫への祝い酒」であるはずなのに、味に文句なんて、本来言い出すべきではないんです。また、ボジョレー・ヌーヴォーの出来を毎年絶対に悪く言わないことを、ネットニュースとして取り沙汰されたこともありましたが、どうして「神様への感謝の祝い酒」の味にケチをつけましょう。
 
ボジョレー・ヌーヴォーは駄作か否か?そもそもそんなこと、最初から考えることそのものがナンセンスなのです。祭り酒は何も考えずに美味しくいただきましょう。皆でわいわい楽しく飲むお酒に、敵う美味さなんて本当はどこにもないのかもしれませんよ。
 
 
飲食店の総合支援サービスサイト「飲食店支援.COM
集客できるハイクオリティーWEB制作「飲食店ホームページ制作
飲食業のみに特化した税理士紹介サービス「飲食店税理士紹介
繁盛店が選ぶ、内装デザインのプロが集結「飲食店内装デザイン
手数料業界最安値の飲食店専門居抜き物件紹介サイト「飲食店居抜きネット

 
 
 

野田 藤

ライター紹介:野田 藤

大学卒業後、大手町の商社勤務。退職して単身放浪の旅に出る。帰国後、日本中のラーメンを食べるため、北は知床、南は三宅島、上は富士山山頂まで再び放浪。コラム、シナリオライターを経てフレンチレストランでソムリエとして勤務。高級料理からゲテモノに至るまで、食べ物をこよなく愛す旅の途中。自称、民族料理研究家。
記事一覧はこちら

Pick Up おすすめ記事