美肌に欠かせない栄養素とは!

 
突然ですが、あなたは自分の肌に自信を持っていますか?
 
お肌は印象を大きく左右する大事なパーツの一部。バランスの崩れた食生活では、体だけではなく、お肌にも影響してしまいます。今回は理想のお肌に近づく食べ物・栄養素についてご紹介します。
 
 
栄養はバランスが大事!
 
美肌作りのためには毎日の食生活において、栄養バランスを考えることが大切です。
 
肉、魚、緑黄色野菜、海藻、淡色野菜、果物、きのこ、豆、乳製品など、たくさんの食品を1日30品目とるのがベストといえます。
 
とはいえ、忙しい毎日の中で、毎日30品目を維持するのは大変なことだと思いますので、2〜3日に分けてとるようにしても良いでしょう。
 
 

ビタミンA(ベータカロチン)

 
ビタミンAは、体を覆っている皮膚や粘膜を作ってくれる栄養素で、不足すると乾燥したり、肌荒れを起こしたりします。また抗酸化作用があるので、肌の老化も防いでくれます。
 
ビタミンAは、主に緑黄色野菜に多く含まれていて、油といっしょにとるようにすると吸収されやすくなるので、油で軽く炒めるなどして食べるようにするといいでしょう。
 

ビタミンAの多い食品

ニンジン、赤ピーマン、パセリ、小松菜、春菊、ニラ、ほうれん草、鶏レバー、ウナギ、卵など
 
 

ビタミンB

ビタミンBには、B1、B2、B6、B12といった種類のものがありますが、特にB2、B6は、皮脂の過剰分泌を抑えて、にきびを予防してくれます。
 

ビタミンBの多い食品

豚肉、玄米、納豆、卵、鯖、マグロ、カツオ、サンマなど
 
 

ビタミンC

ビタミンCと美肌は、切り離せない関係にあります。抗酸化作用によって、肌の老化を抑えたりコラーゲンの生成を助けて肌のはりを保ってくれたり、シミの原因となる紫外線対策にも効果があります。
 

ビタミンCの多い食品

ブロッコリー、ゴーヤ、カリフラワー、かぼちゃ、モロヘイヤ、赤ビーマン、柿、アセロラ、いちご、オレンジ、グレープフルーツ、さつまいもなど
 
 

まとめ

いかがでしたか?美肌つくりは外からのケアだけではなく、内からのケアも重要になってきます。いつもの食事内容を見直して、未来のキレイへと役立ててみてください。
 
 
飲食店の総合支援サービスサイト「飲食店支援.COM
集客できるハイクオリティーWEB制作「飲食店ホームページ制作
飲食業のみに特化した税理士紹介サービス「飲食店税理士紹介
繁盛店が選ぶ、内装デザインのプロが集結「飲食店内装デザイン
手数料業界最安値の飲食店専門居抜き物件紹介サイト「飲食店居抜きネット

 
 
 

りょーちゃん

ライター紹介:りょーちゃん

美味しいものが大好き!美味しそうな匂いがするところには迷わず入っていきます。たいして大食いでもないのに、「今日は食べられる!」と意気込み、大食いチャレンジは必ず参加するチャレンジャーです。
記事一覧はこちら

Pick Up おすすめ記事