【激ウマレシピ】お家で簡単!プロが教える本格カルボナーラの作り方♪

 
カルボナーラといえばボロネーゼ、ペペロンチーノと並ぶパスタの定番ですよね。誰もが一度はチャレンジしたことがあるのではないでしょうか。
 
いざ作ってみると卵がダマになってボロボロになってしまったり、クリームが多すぎてソースがビシャビシャになってしまったりと以外に作るのが難しいですね。
 
でも実は本場イタリアのカルボナーラのレシピはすごく簡単です!!
 
本日は簡単に作れる本格カルボナーラのレシピを紹介しますので、是非チャレンジしてみて下さい。一般にイメージされている牛乳、生クリームは一切使いません。
 
以下レシピ紹介になります。
画像出典:http://bit.ly/1ySLCLh
 
 

材料

 
『材料』(1人前)  パスタ ・・・80g~100g
ベーコン ・・・30g~40g
白ワイン ・・・10cc
卵黄 ・・・2個分
パルメザン ・・・30~40g
バター ・・・20g
塩 ・・・適量
BP ・・・適量
オリーブオイル・・・適量
 
 

手順

 

1,ベースソースを合わせる

卵黄・パルメザン・バター・塩・BPをパスタが和えられる程度の大き目ボウルに入れて軽く混ぜ合わせます。(バターは溶けていなくても大丈夫です。)混ぜ合わせたらコンロ脇など温かいところに置いておきます。
 
 

2,ベーコンを炒める

少量のオリーブオイルでベーコンをカリッとなるまで炒めます。火をかけたまま白ワインを注ぎます。強火でアルコールを飛ばし肉汁ごと①のベースソースに合わせます。
 
 

3,パスタを茹でる

1,2,の作業の間にパスタを茹で始めます。パスタはここで完全に芯がなくなるまで茹できってください。通常のスパゲッティであれば7~8分程度です。
 
 

4,仕上げ

茹であがったパスタをボールの中でベースソースと合わせます。ここで火にかける必要はありません。パスタの余熱を利用するくらいがベストです。
 
 

5,盛り付け

和えたパスタをトングで渦を巻くように盛り付けます。その上にBP・パルメザンをふりかければ完成です。
 
ここまででも充分に本場イタリアの味になりますが、更に本格レストランに近づけたい方は材料に拘りましょう!!コクのあるスモークベーコンや発酵バター、さらにもみじ卵などを使えばもはや本格レストランの味です♪
 
 

《お薦め食材》

 
◎知る人ぞ知る西荻窪「もぐもぐ」のスモークベーコン
丁寧に時間をかけて燻製されたベーコンが味に深みを与えてくれます!
「ソーセージハウスもぐもぐ」はこちら
 
◎カルピスの発酵バター
味にコクを与えるなら発酵バター450gで1,000円と少し高めですが旨いです!
「カルピスの発酵バター」はこちら
 
◎池田養鶏場のもみじ卵
卵かけごはんにして食べたいところですが贅沢に使ってしまいましょう!!とにかくまろやかになります♪
「池田養鶏場のもみじ卵」はこちら
 
 
飲食店の総合支援サービスサイト「飲食店支援.COM
集客できるハイクオリティーWEB制作「飲食店ホームページ制作
飲食業のみに特化した税理士紹介サービス「飲食店税理士紹介
繁盛店が選ぶ、内装デザインのプロが集結「飲食店内装デザイン
手数料業界最安値の飲食店専門居抜き物件紹介サイト「飲食店居抜きネット

 
 
 

foodline

ライター紹介:foodline

飲食をもっと楽しくする、飲食業界の情報メディア「フードライン(foodline)」の公式アカウント。
記事一覧はこちら

Pick Up おすすめ記事