クラシックなフレンチとは訣別。ジャンルを超えた新フレンチを「CILQ(シルク)」でお楽しみ下さい。

 
 

皆さんこんにちは!フレンチは高級で敷居が高くてかしこまった雰囲気だとイメージしがちではありませか?それを覆してくれるお店があるんです。
 

記念日やデートには本当にオススメで満足される事間違いなし。もちろん家族で行っても楽しませてくれます。最高の空間で最高のサービスを一度経験したいとは思いませんか?
 
今回はリピーター続出の人気フレンチ店、お箸で食べれるフレンチとして話題沸騰中の南青山のCILQ(シルク)さんに行って来たのでご紹介したいと思います。お楽しみください♪
 

店の前を通るとオシャレな外観で思わず立ち止まってしまいます。吸い込まれるように店内に入っちゃいますよ。という事でお邪魔させてもらいました。
 

店内に入ると異空間に吸い込まれたような感覚で感動すら覚えます。スタッフの方が迎えてくれるのですが、その対応もすばらしいです。
 

 

席について、まずはじめに気付くのはフレンチなのに箸が並べてあることです。フォークとナイフとなんと箸!もちろん特製の箸で本当に使い勝手がいいものになっています。フォークとナイフも特製で使いやすくなっています。
 
下の写真の中で箸やフォーク、ナイフの下に布が置いてあると思った方!実は布ではなくてテーブルのデザインになっているんですよ。間違えてしまう方もいる位忠実に作られています。遊び心もあって面白いですね。
 

テーブルはなんと和紙を漆でコーティングしており拘りがすごいなと感じました。まさにフレンチと和が融合されたお店ですね。さて、お料理を見てみましょう。

 
 

コースメニュー

 

今回はディナーなのでコース料理を頼みました。ディナーは2種類あります。 5500円のコース、8500円のコースになっています。
本日はお店の一押し5500円のコースを頂きました。

 

骨切り穴子のグリルをカシス・バジルと共に

 
まず初めに登場したのが穴子を使った料理です。写真からは伝わりにくいかもしれませんが、野菜の中には骨切りされたふわふわの穴子とこの料理に合わせて作られたご飯が入っています。それに、カシスとバジルが絶妙に絡み合います。バルサミコの甘酸っぱいソースがさらに旨さをひきだします。
 

黒トリュフのスフレをキャラメルソースで

 

次に登場したのは、トリュフを使った料理です。出てきた瞬間デザートが来たのかと思うくらいオシャレな見た目でした。食べてみると、スフレのふわふわ感の中にトリュフの香りが何ともいえない旨味を引き出してきます。キャラメルソースと一緒に食べることで口の中は美味しさの渦に包まれます。
 

燻した平目を旬野菜で

 

燻した平目は初めていたさきましたが、香りが豊でその中に平目の旨味が溢れだす感じです。新鮮な旬の野菜と合わせることでさらに旨味が増してきます。和とフレンチを見事にマッチングさせた料理です。
 

仔羊を中近東のスパイスで

 
仔羊のひき肉をスパイスで仕上げた料理で素揚げにされたズッキーニも役割をしっかりと果たしている一品。中近東のスパイスが料理を引き立て中近東に収まらず、ワールドクラスの味になっています。
 

イベリコポークを赤唐辛子・ハラペーニョ・オレンジ・湯葉と

 

今日のメインのお肉がやってきました。拘りのイベリコポークを使った料理。
17時間も火入れしたイベリコポークにハラペーニョソースが乗っていて、旨さを倍増させます。お肉の合間の箸休めには、こだわりのくみ上げ湯葉を使った和え物があり、本当にさっぱりしています。仕切り直してお肉を食べるとまた違った旨味を感じる事ができます。
 
CILQでは、冷たい・温かい・ぬるい・常温という温度にもとてもこだわっていて、通常では温かいメインディッシュには温かい副菜がついてくるというのが一般的なのですが
温かいイベリコポークに冷たい湯葉を付けるというのにもこだわっているそうです。
 

冬瓜と松の実のリゾット

 
出てきた瞬間に生姜のいい香りがしました!一口食べた瞬間に口いっぱいに生姜の香りが広がってきます。冬瓜と松の実が入っており、アクセントには奈良漬けを刻んだものが入っています。この小さい器には収まりきらないほどの世界観を感じる料理でした。
 

とろける焼きチョコレートとオリジナルアイスクリーム

 
なんと、一つのお皿にみんなが大好きなものを大集合させたデザートが出てきました。これは女性なら思わず喜んでしまいますね。クーランショコラに桃のコンポート、そしてプルーンのアイスクリームです。
 
クーランショコラは中からとろけだすチョコレートがたまりません。桃のコンポートは何とも言えない甘さで他のデザートを引き立てます。そしてプルーンのアイスクリームは程よい甘さになっています。これを全て口の中に入れたときには自然と笑顔が溢れます。
 

最後に珈琲か紅茶を

 
最後に珈琲か紅茶を飲んでコースの終了となります。他にもエスプレッソ・ハーブティー(レモングラス、ハイビスカスローズ)・カプチーノなどもお好みで選ぶ事ができます。
 
これだけのボリュームと拘り抜かれたフレンチを食べてこの値段で食べられるお店は他にはありませんね。
 
 

シルクの由来

店名は、株式会社ゴダックの代表取締役である荒谷公彦さんが決めたそうです。”言いやすさと覚えやすさ”でシルクという名前にし、綴りは絹のシルク「silk」は字面がよくないということでCILQに決めたそうです。またシルクとすぐに読めないところでもお客様の話題作りになっているそうです。
 
 

飲み物へのこだわり

ビール

CILQのビール、銘柄は明かされていませんがとてもクリーミーで美味しいです。酒屋さんとの信頼性もあり、常に新鮮な内のビールが入ってくるそうです。また、ビールグラスは超音波洗浄機を使用して洗われているので、脂残りも全くなくクリーミーな泡になるそうです。
 

ワイン

またワインはフレンチのお店だからと言ってフランスワインに固執する訳ではなく、お料理に合うワインであればどこのワインでも取り入れているそうです。ちなみに現在はフランス産の他、日本、南アフリカ、アメリカ、ニュージーランド、インドのワインを取り扱っているとのことでした。
 
 

設備へのこだわり

 
音響はもちろん空調もお客様に直接あたらないように設置されています。お料理は美味しくて、楽しかったけれども”なんとなく”居心地が悪いなぁという経験はありませんでしたか?
 
その原因の一つが実は、底冷えだったりするんですね。CILQでは床暖房がついていますし、時間によって照明の調整、空調の変更、音楽の音量も変えています。一番忙しい時間帯ではこれらの調整を何度も何度も行っているというこだわりっぷりです。
 
また、トイレは防音になっています。レストランの中で唯一、一人になる空間というのがトイレです。外からの音が聞こえるのは落ち着かないということも気遣って防音にしているんですね。
 
これらのこだわりのおかげで、CILQは「なんとなく居心地よかったなぁ」と思える空間が作られているんですね。
 
 
クラシック仏料理との訣別-和との融合。そして、ジャンルを超えた新フレンチへ。ということをコンセプトに上げているのがCILQです。フレンチは長い間、日本人にも好まれ繁栄していましたが、ここ数年ではカジュアルさ、リーズナブルさが売りのスペインバルなどの方に注目が集まっています。
 
では何故あんなにもすばらしかったフレンチが衰退してしまったのでしょうか?フレンチというと、緊張感の中、どのカトラリーを使ったら良いのか分からない…という不安の中で
お料理を楽しむ事が出来なかったように思えます。
 
CILQでは、そのお料理に合わせたカトラリーを毎回準備してくれるのでどれを使えばいいのかという不安は一切ありません。また、常にお箸が準備されているのでフォークやナイフを使うのが難しいという方も気にせずお料理を楽しむ事が出来ます。
 
また、何と言ってもCILQのスタッフさんは皆さん気さくな方ばかりというのがとても魅力的でした。こういう風に、フレンチの良い箇所は残しつつ、悪い箇所は排除する。というのがCILQの考えなのだそうです。
 
 

マネージャーよりお客様に一言

CILQのコンセプトのひとつに「カジュアルでリラックスしてフレンチを楽しんでもらいたい。」というものがありますが日本人のためにつくられたフレンチだと思っているので、翌朝にもたれず、体に優しい飽きのこないフレンチになっています。
 
通常、フレンチは1回行くと2~3ヶ月は行かなくてもいいかなと思いますが、3日後にはまた食べたいなと思ってもらえるようになっています。欲を言えば毎日行きたいと思ってもらえるようなお店作りを心がけています。
 
何度行っても美味しいと思ってもらえるようになっているので、皆さんにもっと和を感じるフレンチを楽しんでもらいたい。また、常連さんがいつ来ても温かいスタッフ・変わらないスタッフがいるという環境を作っていきたい。と考えています。
 
 

最後に

CILQの入り口は高級感が漂っていて、いい緊張感があります。扉の前で不安になってしまう事もありますよね。それでも勇気を出して扉を開けるとそこには体験した事の無い新感覚のフレンチと、気さくなスタッフが待っています。是非、一度行ってみて下さい。
 
 

店舗詳細

店名 CILQ(シルク)
営業時間 [LUNCH]11:30~15:00(14:00 L.O.)[DINNER]17:30~23:00(22:00 L.O.
コースは21:00)
住所 東京都港区南青山5-16-5 MA FIVE 1F
アクセス 東京メトロ 表参道駅 B1出口 徒歩6分
電話番号 03-6418-1199
ホームページ http://cilq.jp/

 
 

foodline

ライター紹介:foodline

飲食をもっと楽しくする、飲食業界の情報メディア「フードライン(foodline)」の公式アカウント。
記事一覧はこちら

Pick Up おすすめ記事