これだけは知っておくべきフレンチマナー3つのこと

 
 
こちらでは急な結婚式やフレンチ会食、女性とのお食事など、フランス料理に直面した際に覚えておくと便利な、基本中の基本、フランス料理のテーブルマナーやレストランでの疑問などをまとめていきたいと思います。
 
 

カトラリーの基本

カトラリーとは、フォークやナイフ、スプーンのことを指します。シルバーとも言います。
「フランス料理では、フォークとナイフは外側から使え」って言葉、皆さんどこかで必ず一度は聞いたことがあると思います。それで正解です。フランス料理はコース料理の場合、たいていはオードブル(前菜)、スープ、ポアソン(魚料理)、ソルベ(お口直し)、ヴィアンド(肉料理)の順に出てきます。
 
最初にカトラリーがセットされている場合は、外側のフォークやナイフから使っていきましょう。右がナイフ、左がフォーク、スープなどで使うスプーンは右に置かれています。バターナイフはパン皿付近にセットされていますが、バターはたいていテーブル中央にあり、そちらから取り分ける際に汚れたバターナイフを使うのはマナー違反。バターは使うぶんだけ、パンを食すときに、自身のパン皿に取り分けてしまいましょう。
 
ときおり、魚料理用のカトラリーでスプーンがセットされていることがあります。たいていは、スープ用のスプーンと見分けがつくように、少し平たく、へこんだ形になっていることが多いです。これがセットされているときは「ソースやスープなどの量の多い魚料理」が出てくる場合が多いので、それを使ってスープやソースまでじっくり味わってお召し上がりください。
 
お皿の真上にセットされているカトラリーは、デザートやソルベ(お口直し)のためのものです。とはいえ、ここまで書いておいてなんですが、間違って使おうがなんであろうが、お食事は「食べやすいものを使って食べればいい」んです。これはどこの国でも共通ですが、マナーに神経質になりすぎて食事を美味しく感じられなかったり、人のマナーにケチをつけて場を台無しにするほうがよほどか寂しいこと。間違えて使えば新しいカトラリーを出してくれます。会食や結婚式などであれば、どうしても箸でないと食べられないのならばそれを伝えて持ってきてもらっても、なんら恥ではありません。気楽に、美味しく食事を楽しみましょう。
 
 

コースとアラカルトってどう違うの?

 
コースとはあらかじめお値段もメニューもお店側が決めている、日本で例えるなら定食のようなものを指します。オードブルもポアソンもヴィアンドもデセールもお店が決めたメニューの中からのチョイスとなるため、単品よりも少しお安く済みます。
 
アラカルトというのは日本で例えると一品料理。単品です。コースを食べるほど入らない、好きなものだけを頼みたい、食べたいメニューがある、などの場合に取る注文方法。一皿の量がコースよりもやや多め。食材も変り種が多く魅力的なメニューもたくさんあります。ただしお値段もそれなりとなります。
 
 

サービス料って何?お水が有料って本当?

レストランで気になるサービス料は、日本ではチップを支払う制度が日常的にないため、あらかじめサービス料という形で徴収しています。額はお店によって違いますが、それなりの格のお店では20%、たいていは10%~15%が相場です。
 
サービスには、レストランの高級感や雰囲気を演出する内装、電飾、小物などの維持にかかる費用も含まれているので「サービス料ってなに?聞いてないんだけど?」なんて言い出すのはマナー違反です。お店が提示しているお値段に、プラス消費税とサービス料、ドリンク代などが別であることを踏まえて額を想定しましょう。
 
お水はお店によります。一時期ニュースを騒がせた、某イタリアンシェフのお店で出てきたお水が有料だったことで騒動になりましたが、それなりのフレンチやイタリアンのお店では「お水はいかがですか」と聞かれて出てくる水は、普通のミネラルウォーターではなく800円も1000円もそれ以上の値のするものであることが多いです。なので当然有料です。
 
「事前に有料であることを言うべきでは?」という意見もちらほらと見かけますが、水道水を出しているごく普通のお店とそれなりのレストランとでは、客側のお店の使用目的がそもそも違いますので、逆に無料で出せるようなお水を出したり、お客様に対して「このお水は有料で、○○○円かかりますがよろしいでしょうか?」なんて聞くほうが非常識になってしまいます。
 
無料のお水でいいのに、という場合は「お薬を飲みたいので、お水をすこしいただけますか」などという伝え方であれば、サービスマンも心得ていますので、有料のお水が出てくることはありません。
 
 

まとめ

 
敷居高く感じるフレンチですが、最近ではずいぶんフランクなお店も増えてきました。お水のこと、サービス料のこと、そのお店の情報もインターネットで簡単に調べることが可能です。お年寄りであれば箸も頼めば出てきます。どうぞ気楽な気持ちで、フレンチレストランや結婚式のフレンチ料理に挑んでみてください。
 
 
飲食店の総合支援サービスサイト「飲食店支援.COM
集客できるハイクオリティーWEB制作「飲食店ホームページ制作
飲食業のみに特化した税理士紹介サービス「飲食店税理士紹介
繁盛店が選ぶ、内装デザインのプロが集結「飲食店内装デザイン
手数料業界最安値の飲食店専門居抜き物件紹介サイト「飲食店居抜きネット

 
 
 

野田 藤

ライター紹介:野田 藤

大学卒業後、大手町の商社勤務。退職して単身放浪の旅に出る。帰国後、日本中のラーメンを食べるため、北は知床、南は三宅島、上は富士山山頂まで再び放浪。コラム、シナリオライターを経てフレンチレストランでソムリエとして勤務。高級料理からゲテモノに至るまで、食べ物をこよなく愛す旅の途中。自称、民族料理研究家。
記事一覧はこちら

Pick Up おすすめ記事