【意外な回答!?】海外在住の外国人に聞いてみた!好きな「ワ*ガ*シ」は何ですか?

 
日本食が好きという外国人はよくいますよね。中でも人気な日本食は、お寿司や、うどん・そば・ラーメンなどの麺類ですが、たまに居酒屋自体が好きと言う外国人もいます。
 
しかし、「和菓子が好きです」と言う外国人はあまりみたことがありません。あんこやくずなど、和菓子の原料になるものは外国人にとってかなり異種異次元のものであり、ガードが自然と固くなるそうです。
 
それでも中には、和菓子が好きというコアな人もいます。今回は、外国人にアメリカ(ニューヨーク)で購入できる好きな和菓子を聞いてみました。
 
 

どら焼き

驚くことに1番人気だったのは、ドラえもんの大好物ということでもお馴染み、「どら焼き」でした。日本人であれば、無性に「あんこ」が食べたい!という衝動にかられた経験もあるかと思います。
 
しかし、驚いたことに日本文化にどっぷりとはまってしまった彼らも、私たちと同じような感覚になることがあるそうなんです。彼らにとって「あんこ」は決して異種ではなく、むしろ愛しい存在らしく、あんこを使った和菓子の中でも一番人気なのがどら焼きということでした。
 
見た目が、アメリカにある「ウーピーパイ」に似ているということも一番人気になる理由のひとつなのでしょう。どら焼きはマンハッタンに何軒かある日系のスーパーで買うことが出来ます。(五個入りで5-6ドルぐらい)
 
また、美味しいどら焼きが食べたいとき、彼らは(私も含めて)老舗の宗家源吉兆庵まで行き、どら焼きを購入するそうです。宗家源吉兆庵はロックフェラーセンターからは徒歩一分のところに位置していることや、買い物にも便利な5番街に位置していることもあり、外国人の人が珍しそうにショーケースを眺めている姿をよく見かけます。
 
そこには毎日、日本から空輸される新鮮で美味しい和菓子が並んでいます。日持ちのするおせんべいから、賞味期限は短いが深くて甘い上菓子と和菓子まで全てそろいます。定番のどら焼きはしっとりとていて、ドラに包まれた餡は甘過ぎなくて濃いめのお茶と一緒に味わいたいと思える一品です。
 
 

おせんべい

また、ほのかに甘いクリームをサクサクとした食感のクッキーで挟んだ「福渡しせんべい」は、あんこが苦手な外国人にも人気で、お土産として持っていくと大変喜ばれます。値段は少し高めなので晴れの日のおやつに食べるということで、ニューヨークではコミックコンのときなどに食べられるそうです。
 
ちなみに、これだけ日本食が浸透しているから当たり前なのか、おせんべいはどこにでもありますが、「おせんべい」とは呼ばれず「ライスクラッカー」と呼ばれています。特に小さめの薄焼きせんべいは、塩味、ごま、青のりと意外にも日本と近い味の展開で驚きます。日本のおせんべいより、カロリーが少なく、甘すぎないので、子供のおやつにあげているお母さんを見ることも少なくありません。
 
日本では人気海苔巻きせんべいは、海苔が苦手な人が多いからか(あの色とパリッとした食感が紙を食べているみたいということらしいです)日系のスーパー以外では見かけません。ちなみに塩分の取り過ぎに気を使っている人が多いからか、日本のおせんべいよりずっと薄味なのです。
 
 

雪見大福

雪見大福の存在は知っていたけどなかなか口にするまでに時間がかかったという友人がいますが「雪見大福のどこが、いったいアイスクリームなんだ?」というのが第一印象のようで、それでも周りの人が美味しそうに食べているので試してみてびっくりしたとのことでした。
 
アメリカの市場もおもちアイスには同じような反応で、はじめは日本食もしくはタイレストランのデザートメニューにひっそりとあったのが、ここ2~3年で急速にそれ以外でも見かけるようになりました。
 
今回試食したのはハワイで作られている「Bubbies Icecream」のイチゴ味です。味の展開は、イチゴ、バニラ、緑茶とピスタチオ。おもちひとつの大きさも日本の雪見大福に比べてひと周り小さいが、おもちもしっかりとしてアイスクリームが濃厚で美味しいです。しかし、8個入りで10ドルとかなり高めなのがやや難点ですね。
 
 

ポッキー

ちょっと小腹が空いたときに食べたくなるのがポッキーの魅力ですね。当時、習字教室からの帰り道に友人(アメリカ人)のバックからポッキーが出てきたときはびっくりしました。彼らの間では携帯できる便利で美味しいお菓子の代名詞がポッキーなのだそうです。
 
とにかくポッキーはアメリカでも市民権を得ていて、どこでも見かけるお菓子になっています。味はイチゴとチョコレートのみですが、その他の味はたまたまなのか見かけたことがありません。お土産に持っていくなら期間限定の珍しいものが喜ばれそうですね。
 
 

まとめ

 
「和菓子がすきですよ」という彼らも、あんこものでは「どら焼き」以外の名前はなかなか出てきませんでした。実際に出てきたものはいわゆるお菓子である。「それは和菓子ではないんだけどなぁ」と思いつつも、いろいろと話をしてくれる友人達にそんなことは言えませんでした。
 
どら焼きが好きならば、きっとそのうち「きんつば」や「羊羹」に手が伸びる日も近いはず♪そうやって日本の食文化、日本を好きになってもらえたら私としても嬉しい限りです。今回は、日本のお菓子ということで、大きくまとめて「ワガシ」ということにしてみました。
 
 
飲食店の総合支援サービスサイト「飲食店支援.COM
集客できるハイクオリティーWEB制作「飲食店ホームページ制作
飲食業のみに特化した税理士紹介サービス「飲食店税理士紹介
繁盛店が選ぶ、内装デザインのプロが集結「飲食店内装デザイン
手数料業界最安値の飲食店専門居抜き物件紹介サイト「飲食店居抜きネット

 
 
 

りょーちゃん

ライター紹介:りょーちゃん

美味しいものが大好き!美味しそうな匂いがするところには迷わず入っていきます。たいして大食いでもないのに、「今日は食べられる!」と意気込み、大食いチャレンジは必ず参加するチャレンジャーです。
記事一覧はこちら

Pick Up おすすめ記事