中央線住み必見!吉祥寺・三鷹のALL500円ホルモン焼き肉5選!

 
 
中央線界隈にはお酒もお肉もALL税込500円、そんなホルモン焼き肉のお店が増えてきましたが、今回ご紹介するのは、激戦区吉祥寺・三鷹の中でも味がピカイチ!絶品ホルモンを出すお店のみを集めました!
 
雑誌常連の超有名店から、知る人ぞ知る、地元民のみの通う穴場なお店まで、とくとご紹介いたします!
 
 

ホルモン酒場 焼酎家『わ』

言わずと知れた、吉祥寺の超有名店『わ』。店内はうなぎの寝床の如く、カウンター席のみの細長い作りをしています。この界隈で最初に、ホルモンとお酒をALL500円ポッキリで始めたお店でもあります。店名のとおり焼酎の種類が豊富で、店の棚にところ狭しと並べられた焼酎は、水割り・お湯割り・ソーダ割り、どれで飲んでもとってもホルモンに合います。こちらのオススメはハラミとハツ、そして新鮮レバー。
最近では姉妹店「肉山」を近所に出店、こちらでは馬や牛や豚の赤身を最高のお酒と共に出されており、あまりの美味さとサービス精神に驚くこと間違いなし。こちらも是非お試しあれ。
出典:食べログ
 
 

たるたるホルモン

『わ』からのれんわけしたホルモン店。『わ』の近くにあり、こちらはテーブル席も2席用意されています。女性でも気軽に入りやすく、明るい雰囲気のお店です。『わ』と仕入れ先が同じなのか、ほぼメニューは同じですが、塩味の味わい深いトントロやWホルモン、煮込みなどが大人気。0時過ぎに行くと、待たずにすんなり入ることができます。
出典:食べログ
 
 

マル保

2012年開業、たるたるホルモンの店主であった元輪島ジムボクサーが独立開店した新鋭ホルモン屋さんがこちら。〆のスペ玉ごはんにチャンジャ茶漬け、大きなエリンギや新鮮アスパラなどの野菜にいたるまで、サイドメニューももちろんALL500円。当然お肉も新鮮激ウマ揃い。豚のカシラ、リードヴォー、マルチョウにミックスホルモン、どれも仰天美味極まりなしです。
出典:食べログ
 
 

ホルモンTSUMIKI

吉祥寺に新たに出来た新鋭ホルモン店といえばこちら。平日限定で、ドリンク1杯とお通しとホルモン3品で1500円というサク飲みセットもあり、まずは一寸一軒にいいですよね。ホルモンは、マルチョウ・コプチャン・シマチョウの脂の付きが素晴らしく、ミノサンドも噛めば噛むごとに旨味と脂がぎゅっと染み出てきます。レバー、ピートロ、皮つきバラ、こちらもどれでも500円。
出典:食べログ
 
 

本格焼酎と炭火ホルモン焼き 新井家

こちらは三鷹の南口をずっと進んで住宅街の中にひっそりと開店している、カウンターのみのお店です。お店の入り口はちょっと入りづらいですが、こちらのお店もALL500円。安心して入っちゃいましょう!感じのよい店主さんと女性店員さんの明るい対応で入り口の敷居の高さもなんのその、一度入ってしまえば女性客でも安心の穏やかな雰囲気が魅力。
こちら普段は肉の卸売りをしておられ、吉祥寺の上に挙げたうちいくつかのお店にも卸しているため、肉の新鮮さも味もピカイチなんです。あまり量を食べられないと言う方にオススメなのが「お好み4種盛り」1000円。4種類の肉を、それぞれハーフ量で4種選ぶことができます。これは女性にとっても大変ありがたいですね。
出典:食べログ
 
 

まとめ

 
焼き肉、ホルモン、お酒にサイドメニューがどれも500円ポッキリで、安心して安全に、とっても美味しく食べられるなんて夢のようですよね。お財布にも優しい、舌にも優しい、そんな魅力的なホルモン焼き肉のお店の多い吉祥寺・三鷹界隈。わざわざ足を運んでご賞味いただく価値のあるお店ばかりですよ。 
 
 
飲食店の総合支援サービスサイト「飲食店支援.COM
集客できるハイクオリティーWEB制作「飲食店ホームページ制作
飲食業のみに特化した税理士紹介サービス「飲食店税理士紹介
繁盛店が選ぶ、内装デザインのプロが集結「飲食店内装デザイン
手数料業界最安値の飲食店専門居抜き物件紹介サイト「飲食店居抜きネット

 
 
 

野田 藤

ライター紹介:野田 藤

大学卒業後、大手町の商社勤務。退職して単身放浪の旅に出る。帰国後、日本中のラーメンを食べるため、北は知床、南は三宅島、上は富士山山頂まで再び放浪。コラム、シナリオライターを経てフレンチレストランでソムリエとして勤務。高級料理からゲテモノに至るまで、食べ物をこよなく愛す旅の途中。自称、民族料理研究家。
記事一覧はこちら

Pick Up おすすめ記事