マンハッタンで働く人のお昼ごはん

 
 

 
マンハッタンで働く人のお昼ごはん、「おしゃれなデリでサンドウィッチとフルーツを買って、晴れた日は公園でランチ」というイメージ。だったらそれは大きな間違いです。
 
もちろんそんなイメージのひともいますが、ほとんどのひとは日本のお昼の風景と変わらず安くて美味しいものを職場の人と、もしくは友人と連れ立ってお気に入りのところへゾロゾロと行くというのが本当のところ。外で買ってきてデスクでランチを食べる人が大多数なんです。
 
天気がよくなると一気に外でランチ派が増える。私が働いていた会社の近くにはブライアントパーク(42丁目、6番街)があり、芝生の部分が一般に開放されていたので、ピクニックランチのひとを多く見かけました。
 
公園内にはテーブルといすが多く設置されており、みんな思い思いに気に入った場所でお昼ごはんを食べるというのがニューヨークスタイル。また夏の間限定で開店するレストランもあり、一息つくのにちょうど良いのです。
 

マンハッタンの人はデリカが好き?

 
お昼ご飯の選択肢は迷うほどある。何を食べたいかわからないとき、とりあえずデリへ行ってみる。バッフェ式でサラダから始まり、パスタ、煮込みの肉料理など暖かいものと種類は豊富にあるので、何か食べたくなるものが必ず見つかるはず。
 
たくさんのものをちょこちょこ取るのもよし、好きなものをがっつり盛るのもよい。重さで値段が決まるので、そのことを頭に入れて選ぶのも忘れずに。
 
 

日本のサンドウィッチ<マンハッタンのサンドウィッチ?

 
ヨガの先生に「日本のサンドウィッチは薄いですよねぇ」と言われたことがある。確かにこちらのサンドウィッチは分厚い。中身がぎっしり入りすぎていて食べ始める前から崩れるということもある。それだけ食べ応えがあるので、サンドウィッチもランチ選択肢として人気である。
 
パンの種類やデリミート(ハムやソーセージ)、チーズと野菜を選んで注文、その場で作ってくれるのがうれしいところ。サンドウィッチを注文すると小さいポテトチップスと飲みものがついてだいたい6〜8ドルぐらいです。
 
 

カスタム式サラダバー

 
次にすでに定番となっているカスタムメイドができるサラダバー。レタス、ほうれん草などのメインとなる葉ものを選び、あとは自分の好きなものを選ぶ。中に入れるものは、鶏肉、ゆで卵、チーズ各種、ナッツ類、レーズンなど、30品目以上はあるので選ぶのにかなり迷う。
 
おおきなボールに次々と放り込まれて、最後にまんべんなくドレッシングと混ぜ合わせられ、どんぶりような容器に入れられる。
だいたい5種類選んで8ドルぐらいから(お店によっては重さで値段が決まるので要確認) 選び方によってはボリューム満点のサラダになるので、これだけでおなかがいっぱいになる。旅先でもメタボリックシンドロームが気になる人にはお勧めのランチ。
 
 

屋台からフードトラックへ

最近の流行はフードトラックである。日本でも屋台のトラック(バン)がお昼時のオフィス街に出没し人気があると思うが、ここニューヨークでも同じである。以前は手押しのカートのものが多かったが、いまはフードトラックの数がそれを抜く勢いである。
 
今までの手押しのカートが早くて安いから人気だったのが、フードトラックがこれほど人気なのはただ単に早くてお手軽な値段だからではなく、単純に美味しいからなのである。
 
それもそのはず、人気のあるフードトラックは有名店で修行を積んだり、ル・コルドン・ブルーなどの有名料理学校で修行を積んだシェフが経営している場合が多い。人気のトラックには長い行列ができる。フードトラックを見かけたら、ぜひ試してみるのも楽しい。
 
 

まとめ

ピザをランチに選ぶ人も多い、一切れ(2ドルぐらい)から購入できるので手早くランチを済ませたいときなどにぴったりである。その他ファーストフードチェーンのマクドナルド、バーガーキング、サブウェイなども忘れてはならない。ただお昼時は混雑するので要注意。
 

お昼休みはだいたい一時間。その間にお昼ご飯を食べていろいろと用事を済ませてと、忙しい大人のお昼事情はアメリカも日本と全く変わりがないことに気がつきます。
 
少し日本と様子が違うのは、アメリカは食の好み・選択が細分化していて、ベジタリアン、ビーガン(乳製品、卵は食べない)、宗教上の理由から口にできない食べ物があるなど、人によって様々である。お昼ごはんを食べに行くメンバーも自然と同じような好みの人が集まりやすい。食に関して緩和な日本ではなかなか見かけられない風景である。
 
 
飲食店の総合支援サービスサイト「飲食店支援.COM
集客できるハイクオリティーWEB制作「飲食店ホームページ制作
飲食業のみに特化した税理士紹介サービス「飲食店税理士紹介
繁盛店が選ぶ、内装デザインのプロが集結「飲食店内装デザイン
手数料業界最安値の飲食店専門居抜き物件紹介サイト「飲食店居抜きネット

 
 
 

ブル

ライター紹介:ブル

日本で外資系証券会社に務めた後、アメリカに移住しフリーのWEBデザイナーに。海外ライフを楽しみながら、デザインと飲食について考える毎日を送っている。最近の流行りはスパムにぎり。
記事一覧はこちら

Pick Up おすすめ記事