ニューヨークで味わう「本物のお寿司」

 
 
日本に帰国し、友人・家族と外にご飯を食べにいく機会があると、必ずお寿司に行こうという話になります。周囲の人は皆、「あっち(アメリカ)では美味しいお寿司食べられないでしょう」と気を使ってくれているのです。
 
確かにアメリカでは日本のように手頃でそれなりに美味しいお寿司は見かけません。お手頃なお寿司を見かけることは多々ありますが、なぜか開店と同時に半額セールをやっているので、買う気も失せてしまいます。
 
また、お店の雰囲気はいいけれど、味がいまいちだったり、職人さんがお寿司を握りながらおしゃべりしていたりと、どこか片手落ちのお店が多かったりもするのです。
 
しかし、お店の雰囲気も、ご飯(シャリ)も職人さんも志の高いお寿司屋さんはニューヨーク、マンハッタンにも存在します。今回は私が実際に行って美味しかったおすすめのお店をご紹介していきたいと思います。
 
 

寿司安田

 
マンハッタンのミッドタウンにある高級寿司店。店内に入ればそこはまさに日本のお寿司屋さんです。
装飾は極端に少なく、生け花が一輪あるのみなので落ち着いた雰囲気の中でお食事をすることができます。店内に入ってまず目に入るのが広いカウンター、もちろんテーブル席も程よく配置されています。
 
しかし日本と同様、アメリカでもテーブル席は「初心者席」と言われ、カウンター席の方が人気のようです。日本人板さんが握る寿司屋は、日本で食べるのと変わりがないということで、アメリカに住む日本人にはダントツ1位の人気店だそうです。
 
ネタも日本から毎日空輸されてくるものや、もしくは地元のものから厳しく選んだネタばかりだそうで、仕入れた魚がお寿司のネタとして最高の状態になるように、切り方や保存の仕方を工夫しているとのことでした。この日に食べたのは、まぐろ、ハマチなど基本的なものから、この日特別に仕入れたホタテ貝、そしてそのホタテ貝のワタなどです。
 
寿司安田のウェブサイトにご飯(シャリ)にも気を使っていると書かれているだけあり、本当にご飯が美味しいです。カウンター席では、板さんと魚の話や、その日に仕入れた珍しいネタの話が出来るので、ついつい食べ過ぎてしまいます。板さんはフレンドリーですが、ほどよい緊張感もあるのでオススメです!
 
 

寿司田(でん)ニューヨーク

マンハッタンに2店舗(マディソン店、6thアヴェニュー店)どちらも多くの企業が集中しているミッドタウンにあるので、店内は日本人、外国人の働く人で込み合っています。今回行ったのは6thアヴェニュー店です。
 
店内に入るとすぐにカウンター席があり、その奥にテーブル席があります。カウンター席に座るとすぐに、おしぼりとお茶とメニューを持ってきてくれます。お寿司一貫からも注文できますが、その日仕入れた魚を使った料理などのおすすめの料理が多いので、板さんに聞いてみるのもオススメですよ!
 
その日はお腹がすいていたので、ランチスペシャルのちらし寿司(30ドル)を注文しました。サラダとお味噌汁まで付いていました。1段目のお重にはマグロ、はまち、サバ、エビなどが彩りよく盛られて、2段目にはご飯、卵、肉厚の椎茸の甘辛煮がふんわりと盛りつけられていおり、視覚にも味覚にも美味しい一品でした。
 
黙々と食べていると、ちらし寿司の存在を知らない外国人のお客さん何組から「何を食べているの?」と聞かれました。美味しい物に興味を持つのはやはりどの国でも同じですね。30ドルのランチはやや高いのですが、ネタといいご飯といいその価値はあるので、ぜひ一度足を運んでみてください。
 
 

GARI

アッパーウェスト、セントラルパークから歩いて1分、アメリカ自然史博物館の隣にある全面ガラス張りのお店です。
 
店内はこざっぱりとしたモダンなインテリアでまとめられています。店舗自体は既に紹介した2店よりもずっと小さめですが、カウンター席とテーブル席は常に込み合っています。寿司安田、寿司田が日本のいわゆるお寿司ならば、GARIは「創作寿司」といったところでしょうか。
 
もちろん普通のまぐろやはまちなどもありますが、炙りトロのガーリックオイルがけといったようなお寿司もあり、イタリアンとお寿司の間という表現がしっくりくるかもしれません。OMAKASE(おまかせ)は65ドルからですが、一品一品とても美味しいいので、あっという間に完食してしまいますよ。
 
 

まとめ

 
すべてのお店が本格的なお寿司屋さんで敷居が高いかと不安でしたが、どのお店の板さんもとても親しみやすく、苦手なものがあった場合はあらかじめ伝えておけば必ず別のものに換えてくれるという柔軟な対応も嬉しいところです。
 
ニューヨークでジャンクフードを食べ飽きたら、是非行ってみてください。
 
 
飲食店の総合支援サービスサイト「飲食店支援.COM
集客できるハイクオリティーWEB制作「飲食店ホームページ制作
飲食業のみに特化した税理士紹介サービス「飲食店税理士紹介
繁盛店が選ぶ、内装デザインのプロが集結「飲食店内装デザイン
手数料業界最安値の飲食店専門居抜き物件紹介サイト「飲食店居抜きネット

 
 
 

ブル

ライター紹介:ブル

日本で外資系証券会社に務めた後、アメリカに移住しフリーのWEBデザイナーに。海外ライフを楽しみながら、デザインと飲食について考える毎日を送っている。最近の流行りはスパムにぎり。
記事一覧はこちら

Pick Up おすすめ記事