【妊婦さん必見】妊娠中に食べるとよいとされている食材まとめ

 
 
妊娠に気づいた時に、今までの食生活の見直しを図る人はどのくらいいるのでしょうか。妊娠初期には「つわり」が厳しくて、普通の食事を摂れないことも多いようですから、無理矢理に「体に良いから」と食べるのは「つわり」を激しくしてしまう遠因にもなりかねません。
 
気分良く楽しく食事を摂ることで、落ち着いた環境作りもできますから、最初から焦らないでゆっくりと「良い食べ物探し」をしていきましょう。母体にも胎児にも良いもの選びをしましょう。
 
妊娠した場合、食事は自分ひとりのものではなくなります。お腹の赤ちゃん・胎児にとっても、大切な栄養となるからです。市販品なども、できるだけ添加物・着色料・保存料を使用していないものを、裏の成分表などもチェックして購入するようになります。
 
夕食は家族やご主人のために頑張っても、一人の昼食などは簡単に済ませていた人も、新しい未来の家族のために様々に健康や栄養に気を使い始めることでしょう。「食べると良いもの」という栄養本位の考え方ではなく、「食事」としての形を整えて紹介します。
 
 

主食と副菜

まずは主食ですが、精製していないミネラルたっぷりのものに換えましょう。ミネラルは神経を鎮めてくれますし、女性にとっては嬉しい肌にも良い栄養素です。妊娠中でも綺麗な肌で過ごせたら、何よりのことですね。
 
『胚芽米・玄米』がお薦めで、ミルラルやビタミンが非常に多く、しかも近年は美味しいものが出回っています。炊き方も難しくはありませんし、最近の炊飯器にはちゃんと設定もされています。
 
パンが主食の場合も、全粒粉やライ麦などを使用した雑穀パンがお薦めです。便秘傾向のある妊婦さんには、最適な主食になってくれます。なにより、全粒粉の食べ物は消化が早く、つわりにも有効だそうですから、一石二鳥ということにもなります。
 

タンパク質

 
栄養面から考えた「メニュー」などでは、牛乳や卵を多く摂取したくなりますが、摂りすぎは厳禁のようです。毎日、同じタンパク質の摂りすぎは、アレルギーの原因になりやすいそうですから、気をつけて栄養を摂ったつもりでも過食になってしまうのです。タンパク質はできるだけ様々な種類を食べましょう。
 
魚や鶏肉、赤身の肉、豆腐などをバランスよく、毎日のメニューに取り入れていきましょう。緑黄色野菜を食事の最初に摂る「ベジファースト」は、消化吸収にとても優れているようです。一般的にはボール一杯と言われていますが、そこまででなくとも「緑黄色野菜」は多く摂ってください。
 

豆類

豆類には多くの必須栄養素が含まれていて、タンパク質や鉄分、母親の体のために消化によい繊維質も豊富です。大豆・レンズ豆・ひよこ豆など、手軽なサラダ用の製品の販売も増えていますから、上手に利用しましょう。ヨーグルトは非常に優れた蛋白資源と言えますし、赤ちゃんの軟骨や骨の形成に必要なカルシウムが多く含まれています。豆類や野菜と合わせたボールいっぱいのサラダに、ソースとしての利用法もよいでしょう。
 

赤み肉

 
赤み肉には、蛋白質や鉄分が豊富に含まれていますし、この鉄分であるヘム鉄は野菜のものより消化しやすいとされています。脂肪の多い肉は避けて、赤み肉を利用すること、できればオーガニックの肉ならなお安心です。
 

 
最後にもっとも重要なものとして『水』があげられています。妊婦の健康には欠かせないものとして、増加した老廃物の腎臓からの洗い流しにも有効です。人の体の大半は「水」ですから、なるほど説得力はあります。
 
最近流行の「ウォーターサーバー」利用で、赤ちゃんが誕生以後も使用できる、「母子に良い水探し」もできればよいですね。
 
 
飲食店の総合支援サービスサイト「飲食店支援.COM
集客できるハイクオリティーWEB制作「飲食店ホームページ制作
飲食業のみに特化した税理士紹介サービス「飲食店税理士紹介
繁盛店が選ぶ、内装デザインのプロが集結「飲食店内装デザイン
手数料業界最安値の飲食店専門居抜き物件紹介サイト「飲食店居抜きネット

 
 
 

りょーちゃん

ライター紹介:りょーちゃん

美味しいものが大好き!美味しそうな匂いがするところには迷わず入っていきます。たいして大食いでもないのに、「今日は食べられる!」と意気込み、大食いチャレンジは必ず参加するチャレンジャーです。
記事一覧はこちら

Pick Up おすすめ記事