飲み会でもてる秘訣はバーテンダーを味方にすること、、、?

 

男性でバーで気になる女性がいたら仲良くなりたいと言う気持ちも持ったことはありませんか?あなたの最強の仲間であり、敵になるかも知れないのはバーテンダーです。
 

何故なら彼等は、あなたの仲間になれば、女性の飲物をちょっと強めにしていい気分にさせてしまうことも出来れば、逆に敵になった時には女性を下手に酔わせない様出す飲み物を操作する事が出来るのです。

 
 

バーテンの優しさ

 
居酒屋位だとそうはいきませんが、ダイニングバーや、バーセクションに専門のバーテンダーのいるレストランなどで合コンをする時には意外と重要です。バーテンは、ちょっと上手く行かせてあげようかと思えば女の子を酔わせますし、あれは危ないと思えばさりげなく女子に救いの手を差し伸べます。
 
 

バーテンダーを味方に

 

一番のポイントは、先を見過ぎず、今飲んで食べている時間を楽しむ事です。料理もカクテルも同じですが、全く同じレシピで作っても作る人によって味が違います。女性が一緒だと登場しがちなカクテルは、驚くほど作る人によって味が違う事があります。スタンダードなカクテルであってもです。
 

ここで女の子にモテようと思ってカクテルのウンチクを、さも「自分も作れるぜ」風に話すと、女の子にはウケるかもしれませんがバーテンは確実に敵に回します。自分も詳しければ、バーテンは味方に付けてこそです。
 
 

バーテンダーにお任せ

 

それにはそのバーテンの作る味を楽しまなくては始まりません。食べ物と飲み物の組み合わせと言うのもとても大切です。お酒と食べ物の組み合わせは、女性がいてカクテルが多く飲まれる場合は飲み物先行ですので、チョイスが限られてきます。
 

食べ物先行にしたい時には、カクテルはお任せにしてしまった方がスッキリと食べ物に合う飲み物を出してくれる事が多いです。そう言う時には敢えて凝ったカクテルは出ない事が多いのですが、それを物を知らないバーテンの様に見るのもNG。
 
 

しっかりとコンタクトを

 

その時料理を楽しみたいのかお酒を楽しみたいのかでバーテンとコンタクトを取ると言うのは、失敗しない秘訣でもありますし、きちんとプロとして見ている感を相手にも与えますので、最後の方で、「あの子にちょっとだけ強めの出してよ」が効く事もあります。
 
 

まとめ

 
バーによって雰囲気も違うしバーテンダーさんも違いますが、バーは落ち着ける本当にいい場所ですよね。
 

飲み会の後に、気に入った女の子がいたら一緒に行って実践してみては。バーテンダーは味方にするか敵にするかで、その後の展開も変わりますので是非お試しあれ。
 
飲食店の総合支援サービスサイト「飲食店支援.COM
集客できるハイクオリティーWEB制作「飲食店ホームページ制作
飲食業のみに特化した税理士紹介サービス「飲食店税理士紹介
繁盛店が選ぶ、内装デザインのプロが集結「飲食店内装デザイン
手数料業界最安値の飲食店専門居抜き物件紹介サイト「飲食店居抜きネット


 
 
 

akani

ライター紹介:akani

マーケティング関連の会社に勤務をする関西弁バリバリのワーキングマザー。ある時は、ライターに、またある時は、英会話講師に、そしてまたある時は、化粧品のお客様相談室も担当する。美味しいと聞いたものは試さずにいられない!好奇心旺盛な性格の持ち主。
記事一覧はこちら

Pick Up おすすめ記事