おでんにもやし?下関の変わり種おでん

 
 

 
ネギやもやしのおでんがあるのをご存知ですか?
変り種おでんといえば、蕎麦の入っている長野のおでんや、博多のおでんの豚足、熊本おでんの馬肉や、静岡おでんが有名ではないでしょうか。
 
静岡おでんの特徴といえば魚のすり身を混ぜた黒はんぺん、まぐろのへそ(心臓)、にんじんや、糸こんにゃくを串に巻き付けたもの。そこに青のりや削り節をふりかける変わったおでんが一躍有名になりましたが、さらに変わったところでは、山口県の下関にはなんと、もやしやネギの入ったおでんがあるんです。
 
 

おでん専門店 いちば

下関市赤間町の「おでん専門店いちば」には、下関駅から車で5分、下関の観光地である唐戸市場からも歩いていくことも可能。お店では、おでんのだしの色が関東風の真っ黒いだしであることにまず驚きます。関西のおでんだしはうどんと同じく薄い色をしていますが、こちらのお店はこのあたりでは異色の関東風。
 
具材は、変わったところではタコ、イカ、安岡ネギと豚足、もやしと豚バラ軟骨、砂ずりなど。冬場には、春菊、タラの白子や牡蠣のおでんも並びます。タコのおでんは関西~広島にかけて多々見られる特徴的な具材ですが、ネギやもやしのおでんなんてちょっと見かけませんよね。
 
鮮魚はすぐ近くの唐戸市場から仕入れ、おでん以外にも、焼き魚やお刺身がお店に並びます。唐戸市場は、新鮮な魚介類が集まることで有名な下関の観光地のひとつでして、お店に並ぶ魚の美味しさにも頷けます。品質さこちらのお店は日本橋に店を構えるおでんの老舗「お多幸」の流れを汲む、小倉のお店で修行をされたそう。九州以外ではあまり見ない豚足のおでんがあるのもそのため。
珍しいおでん種の多いこの季節、どうぞ下関にお越しの際は、下関の変わり種おでんのお店をお見逃しなく。
 
 

店舗情報

おでん専門店 いちば
下関市赤間町2-19 谷口ビル1階
083-222-1939
 

 
 
飲食店の総合支援サービスサイト「飲食店支援.COM
集客できるハイクオリティーWEB制作「飲食店ホームページ制作
飲食業のみに特化した税理士紹介サービス「飲食店税理士紹介
繁盛店が選ぶ、内装デザインのプロが集結「飲食店内装デザイン
手数料業界最安値の飲食店専門居抜き物件紹介サイト「飲食店居抜きネット

 
 
 

野田 藤

ライター紹介:野田 藤

大学卒業後、大手町の商社勤務。退職して単身放浪の旅に出る。帰国後、日本中のラーメンを食べるため、北は知床、南は三宅島、上は富士山山頂まで再び放浪。コラム、シナリオライターを経てフレンチレストランでソムリエとして勤務。高級料理からゲテモノに至るまで、食べ物をこよなく愛す旅の途中。自称、民族料理研究家。
記事一覧はこちら

Pick Up おすすめ記事