【まとめ】寿司食べ放題で元を取る方法

 
 
前回の記事「【必読】満足すること間違いなし!都内お寿司食べ放題厳選3店!」では、都内で食べられる寿司食べ放題のお店をご紹介しましたが、今回はお寿司食べ放題のお店でどのネタを食べると元が取れるのかをご紹介したいと思います。
出典:http://bit.ly/1nkWP23
 
 

お寿司食べ放題の平均単価は?

 
どこのお店でも回転寿司店のネタの原価は42%~48%が目安になっているそうです。40%を切ってしまうとお客様の満足度が下がってしまいますし、50%を超えてしまうと経営的に苦しくなってしまうため、「42%~48%」というのがギリギリのラインのようです。
 
もちろん「42%~48%」というのはお寿司全種類の原価の平均値なので、ネタの種類によって原価率の高いネタと低いネタがあります。では、原価率の高いネタとは何なのでしょうか?
 
 

原価率の高いネタランキング

1位  ウニ    80%
2位  マグロ   75%
3位  穴子    70%
4位  ケーキ   68%
5位  ハマチ   65%
6位  イクラ   65% 
7位  サーモン  64%
8位  かにサラダ 63%
9位  赤貝    62%
10位 ヤリイカ  54%
11位 つぶ貝  53%
 
これは食べ放題に限らず100円の回転寿司でも同じような原価率なので、100円で一番高いネタを食べたいなら上記に記載したネタを選んで食べてみてくださいね♪
 
逆に原価率が低いネタといえば玉子が30%、海老は25%、ツナは10%となっています。あと、マヨネーズが絡めてあるネタは原価率が低いです。
 
 

汁物・茶碗蒸しには手を付けない

 
食べ放題に含まれていないお店も多くありますが、特にそのようなお店では汁物には手を付けないのが鉄則です。
 
温かいお味噌汁とお寿司の相性は抜群ですよね!だいたい入店と同時にお味噌汁や茶碗蒸しを勧められますが、お味噌汁や茶碗蒸しの製造原価は低く粗利が高いのです。(茶碗蒸しは提供までに時間がかかるという理由もありますが…)食べ放題として行くなら余計なお金を払う事になるのでお茶で我慢しましょう。
 
 

レーンを流れているお寿司には手を付けない

 
回転寿司の食べ放題のお店でレーンを流れているお寿司って一体いつ握られた物なのでしょう?ネタやしゃりは使い回しが当たり前だそうです。店内に加湿器がたくさん置いてあり、じめっとした印象を受けるお店はネタの乾きを遅らせているので要注意です!また、お寿司にフタが乗っているところも、フタを外すまで中身が見えないので要注意ですね!
 
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。しかし、そうそう簡単に元をとられるようでは食べ放題系は成り立たないので元をとるという考えは無くした方がいいかもしれませんね。元がとれなくても、好きな物だけを選んで満足出来るまで食べられるという幸せを感じられるのが食べ放題の魅力だと思っています!とはいえ、どれが単価が高いのかなぁ〜と考えてしまう方も多いでしょうから参考にしていただければ幸いです♪
 
 
飲食店の総合支援サービスサイト「飲食店支援.COM
集客できるハイクオリティーWEB制作「飲食店ホームページ制作
飲食業のみに特化した税理士紹介サービス「飲食店税理士紹介
繁盛店が選ぶ、内装デザインのプロが集結「飲食店内装デザイン
手数料業界最安値の飲食店専門居抜き物件紹介サイト「飲食店居抜きネット


 
 
 

りょーちゃん

ライター紹介:りょーちゃん

美味しいものが大好き!美味しそうな匂いがするところには迷わず入っていきます。たいして大食いでもないのに、「今日は食べられる!」と意気込み、大食いチャレンジは必ず参加するチャレンジャーです。
記事一覧はこちら

Pick Up おすすめ記事