昇進型のポイントカードで成功したあのお店!

 
 
 
今はスーパー・ドラッグストア・コンビニとどこでもポイントカードがありますね。ポイントカードと聞くと、スタンプが満タンになると500円オフや10%オフというものが多いのではないでしょうか。
 
飲食店でもリピーターを作るためにもポイントカードは欠かせなくなってきていますよね。今回はその中でも、昇進型ポイントカードを導入して売上が上がった塚田農場様についてご紹介したいと思います。
 
 

塚田農場とは

 
もう皆さんご存知でしょうが、APカンパニーが都内を中心に展開するのが「塚田農場」で、自社養鶏場で育てた「みやざき地頭鶏」をはじめとしたひむか(=宮崎)の「うめっちゃ」を味わう喰いもんやです。
 
日南の地で獲れたての素材と自慢の郷土料理を持ち寄って催される宴のような雰囲気の中、 宮崎ならではの味わいの数々を楽しむことができます。 塚田農場で丹精込めて育てたじとっこを食べることができる店舗です。
 
 

昇進型のポイントカードとは

塚田農場では名刺に見立てたポイントカードを作り、お客様に出世レースをさせています。
 
初回の来店では「主任」の名刺を渡されます。次回来店時には「課長」に昇進し、また来店するとまた昇進するというシステムになっています。
ちなみに、「主任」から「課長」への昇進では5品の料理の中から1品サービスするといった内容になっています。
 
その後は昇進するまでに必要な来店回数が増え、部長→専務→社長へと昇進していきます。
 
 

昇進型のポイントカードのメリット

 
塚田農場では、このシステムを導入して半年でリピート率を10%も向上させました。
 
やはり、このシステムを導入するには現実世界をモチーフにすることが鍵となってきますよね。男性サラリーマンならば誰しも昇進というのは頭の中にあるものなので、潜在意識の中で競わせるというものなのでしょうか。
 
例え、食事が美味しくても時が過ぎるごとに味や感動を忘れてしまいます。なので、「このお店面白いな〜」「このお店はサービスも素敵だな〜」と思ってもらう必要があるのです。
 
この昇進型のポイントカードでは、来店のたびに昇進していくと忘れられる事も少なくなり、財布から名刺(ポイントカード)が見えたときにはせっかくだからあのお店に行こうと思い出してくれるようになります。
 
 

まとめ

今回、塚田農場様のポイントカードについてお話をさせていただきましたが、ポイントカードが面白いだけではなく接客サービスにも気合いが入っているので、こんなに受けているのでしょうね。飲食店様はリピーターを作り続けることが大切なので、他店とは違ったサービスを考えていく必要がありますね。
 
 
飲食店の総合支援サービスサイト「飲食店支援.COM
集客できるハイクオリティーWEB制作「飲食店ホームページ制作
飲食業のみに特化した税理士紹介サービス「飲食店税理士紹介
繁盛店が選ぶ、内装デザインのプロが集結「飲食店内装デザイン
手数料業界最安値の飲食店専門居抜き物件紹介サイト「飲食店居抜きネット

 
 
 

りょーちゃん

ライター紹介:りょーちゃん

美味しいものが大好き!美味しそうな匂いがするところには迷わず入っていきます。たいして大食いでもないのに、「今日は食べられる!」と意気込み、大食いチャレンジは必ず参加するチャレンジャーです。
記事一覧はこちら

Pick Up おすすめ記事