鹿児島・南州農場の味一本で勝負。浅草の繁盛店『トンテキ元気』に突撃取材!【おすすめの店あり】

mazuna_03
 
 

浅草「トンテキ元気」オーナー、内田剛さんに繁盛の秘密を突撃取材♪

 

内田さんのご経歴、飲食店を始めるきっかけをご紹介ください。

 

内田氏:高校を1年で中退。その時からアルバイトで惣菜屋さん、イタリアンのコックなどを経験して「美味しいものを食べるのが好きだし、皆で集まるのが好き」だったので、いつか飲食店をやりたいという気持ちを強くもってました。飲食業をしていく中で、何度か飲食店の立上げも経験しました。
 
その頃に、1つ面白い経験があったんですよ。給食会社を運営している知り合いの社長から、「仕入れと献立をみてくれないか?」という話が来て働くようになったんだよね。それで数日たった時に、埼玉の高校から「うちの食堂の運営をしてくれませんか?」っていう依頼が来たんです。後から聞いたら間違い電話だったらしいんだけど。(笑)面白い!と思って早速営業に行ったら、話が進んでその高校の食堂を運営することになったんですよ。
 
当時の給食っていったら、老夫婦とパートのおばちゃんがしてるような感じ。この学校には大手給食会社が入ってたんだけど、あまり力が入っていなかったんだよね。学校も何とか食堂を盛り上げたいってことだったので、生徒を巻き込んで、美術部の生徒に食堂の壁画を書いてもらったり、部活も盛んな高校だったので、夜10時まで運営してたりしたんだよね。これが思ったより反響が良くて、学校も生徒も、すごく喜んでくれたんですよ。
 
こんな経験を通して「飲食店をやりたい」っていう気持ちが強くなって、思い切って東京にでました。
 
その時に、今のトンテキ元気を開業するの”きっかけ”となる、現在の秋葉原「やきとん元気」社長、渡辺さんと出会ったんですよ。
 
 

内田さんが現在の業態に決め、創業に至った経緯をお教え下さい。

 

内田氏:最初は秋葉原で「やきとん元気」を渡辺社長と創業しました。
私はNo.2という立場で仕事をさせてもらってんですよ。
 
創業当初は白豚を使ってたんだけど、「もっとうまい豚肉を探しに行こう」ということで、渡辺さんの人脈で、鹿児島の「南洲農場」に行ったんだよね。それで生産者の方と何人か合わせてもらって、黒豚を食べさせてもらったんですよ。その時に庭で焼いた黒豚が本当に美味しくて、思わず「うめ〜!!」って叫んじゃいました。(笑)
 
そしたら農家の方が「それ3ヶ月冷凍しといたやつだよ。」って言うんですよ。もー本当にビックリしたよね。3ヶ月冷凍しててもこんなに美味しいんだって。
 
黒豚って普通の豚と比べて2〜3倍労力がかかるから、鹿児島でも生産者が減ってきていたんですよ。労力はかかるけど、その分高く売れるわけではないですからね。
 
でも本当に美味しかったので、「この黒豚をもっと広めたい!」と思い、「アンテナショップ」といったら語弊があるけど、南州の看板を背負って飲食店をやろう!と思いました。
 
それで南洲農場の味を東京で広めていく、と決めたんです。
 

なるほど、産地直送は2013年〜2014年のトレンドとなっています。産直は意図的に始められたんですか?

 
内田氏:いや、直感ですね。私は業界については、そんなに詳しくないんですよ。(笑)
 
すべて「人の繋がりありき」です。私は飲食業をやっていく上で、そこを一番大事にしたいと思っています。
 
人との出会い・繋がりを大事にしたい。
 
ですから、創業当初からお世話になっている南州の味を伝え続けていきたいんです。
 
 

強豪店の多い浅草に出店を決めた理由と、創業当初の状況を教えて下さい。

 
内田氏:「秋葉原 焼きとん」渡辺社長の元で修行後、浅草で独立開業しました。
 
私は浅草生まれなんですよ。
 
やっぱり浅草が好きなんですね。人情の街でほっとする。
独立するときは浅草にしようと決めていました。
 
勿論、浅草は競合が多いから、怖さもありました。周りからは「浅草は商売するには難しい街だよ。」と聞いてましたからね。
 
それでも商売なんてやってみなければ、わからない。
 
独立当初は、今の「トンテキ元気」の場所じゃなくて、駅から外れた観光客が一切通らないところに出店したんですよ。
 
「なんとかなるだろ〜」と思ってたんだけど、全然ならなかったね(笑)
お客さんも来ないし、お金も回らないし、人も集まらなかった。
 
その時は浅草中を駆けずり回って、毎日色んな所に飲みに行って、仲良くなった人にお店の告知をしたりして、ひたすら繋がりを作りました。
 
当時お店に来てくれたお客さんは、今でも常連さんなんです。本当に感謝の一言ですね。その後2年経って、なんとか形になった!というところで、今のトンテキ元気の物件に移転したんですよ。
 
前から入りたいと思ってた物件だったんですが、たまたま入居の募集が出ていて、思い切って応募しました。
5階建てなんだけど、勿論一階だけ借りれると思ってたんだよね。
 
そしたら、5階全部(ビルごと)借りなければいけなかったんですよ。
でもずっと入りたかった物件だし、他にも入居の申請を出している人もいたので、腹を決めて契約しましたね。
 
最初は恐ろしかったですよ。
お客さん来なかったら、すぐに潰れてしまいますからね。
でも人間腹を決めれば、前に進むしか無い。
 
 

なるほど実質一店舗目で、5階立てのビルを貸りるのはすごい決断ですね。今後の展望をお聞かせ下さい。

 
内田氏:やっぱり現場が好きで、人との出会いも好きで、料理を作るのが好きなので、オーナーとか社長とか名乗るも気もないし、チェーン展開をしていくつもりもないんですよ。
 
ただ、鹿児島の南州農業さんに本当にお世話になってるので、恩返しとして本場鹿児島に出店したいですね。
トンテキ元気が鹿児島で認められれば、南州農業さんへの恩返しができると思っています。
 
 

「トンテキ元気」さんの「繁盛の秘訣」はなんでしょうか?

 
内田氏:自分たちが楽しんでやること。
 
そうしたら人は自然と集まってきますよ。お客さんもそうだし、社員もそう。
現在、社員とバイト含めて25人なんですが、ほとんど知り合いの紹介で入社してもらってます。
 
集客については、まずは地元を大事にすること。勿論、観光のお客様も同じだけど、地元にリピーターがついたら、飲食店は強くなる。
 
兎に角私がやってきたことは、「人との繋がりを大事にすること。」これにつきます。
 
 

「人との繋がり」ですね。これから飲食店を始める方にアドバイスがあれば、お願いします。

 
内田氏:やっぱり色々不安があると思うんだけど、腹を括った瞬間に流れが変わる。
全ての流れが良い方向に向かってきますよ。
 
「案ずるより産むが易し」。あんまり頭で考えるだけじゃなくて、兎に角行動を起こすことです。
毎日努力し続ければ、自然と周りが応援してくれる。お客さんも必ず支持してくれるようになります。
 
迷って止まっているなら、まずは足を踏み出すことですね。
 
 

おすすめの料理

 

がっつリッチ!

IMG_1006内田店長のご好意で、お店の看板メニュー『黒トンテキ』と『黒トンバーグ』が一挙に楽しめる『がっつリッチ!(1,800円)』をご馳走して頂きました。(しかもスッタッフ二人分も。内田店長、本当にありがとうございました。)
 

黒トンバーグ

IMG_1008
 
IMG_1017まずは『黒トンバーグ』
ナイフで切り分けるだけで肉汁がほとばしり、肉厚なハンバーグは口に入れた瞬間に旨味が広がります。内田店長オススメの『TGソース』で頂けば、尚の事美味い!!これだけでご飯2杯は行けそうです(笑)
 

黒トンテキ

IMG_1011
 
IMG_1016次に『黒トンテキ』
わさび醤油で食べるのがオススメ!低温で焼きあげているので、お肉が柔らかくジューシー!「南州農場」直送のブランド豚「かごしま黒豚」を使用したお肉は格別です。これは病みつきになること間違いなしですね♪
 
トンテキ元気では、『黒トンバーグ』『黒トンテキ』の他にも一品料理からドリンクメニューまで豊富に取り揃えています。会社の接待や女子会、友達との飲み会などにもオススメですよ!
→詳しくはコチラ
 
 

内田さんがおすすめする飲食店

 

やきとん

150x150_square_13766704
店名:やきとん元気
住所:東京都千代田区神田佐久間3-37-30 轟ビル1階
全体評価 ☆☆☆☆☆(5.0)
味    ☆☆☆☆☆
雰囲気  ☆☆☆☆☆
接客   ☆☆☆☆☆
 
内田氏:お店の原点。全て学ばせてもらった。料理を美味しくするのは飲食店として当たり前。「それより人なんだ。」ってことを教えてもらいました。
出典:食べログ
 
 

焼肉

150x150_square_27100365
店名:焼肉やいち
住所:東京都台東区西浅草2-1-4 鈴木ビル 1F
全体評価 ☆☆☆☆☆(5.0)
味    ☆☆☆☆☆
雰囲気  ☆☆☆☆☆
接客   ☆☆☆☆☆
 
内田氏:量が多いので、お肉をがっつり食べたい時におすすめ!兎に角旨いです。
出典:食べログ
 
 
150x150_square_24155168
店名:本とさや
住所:東京都台東区西浅草3-1-9
全体評価 ☆☆☆☆☆(5.0)
味    ☆☆☆☆☆
雰囲気  ☆☆☆☆☆
接客   ☆☆☆☆☆
 
内田氏:全部美味い。すごい肉厚でガッツリ系です!体育会系の方にはオススメですよ。
出典:食べログ
 
 

店舗情報

 

店内写真

 
IMG_0997お座敷(20席)
 
IMG_0999テーブル席(20席)
 

店舗詳細

店名:トンテキ 元気
電話:03-3845-0550
住所:東京都台東区西浅草2-27-10
営業時間:11:30~24:00くらい(lo23:30)
定休日:不定休
ホームページ
食べログ
Googleマップ
 
 

まとめ

 
取材中にも70人の宴会の予約が入ってましたが、お付き合いのある会社様だそうです。
 
内田オーナーの”人との繋がり”を最重要視する思いが繁盛へ繋がっているんですね。
トンテキ元気の「黒トンバーグ・黒とんてき」とっても美味しいので是非足を運んでみてください♪
 
 
飲食店の総合支援サービスサイト「飲食店支援.COM
集客できるハイクオリティーWEB制作「飲食店ホームページ制作
飲食業のみに特化した税理士紹介サービス「飲食店税理士紹介
繁盛店が選ぶ、内装デザインのプロが集結「飲食店内装デザイン
手数料業界最安値の飲食店専門居抜き物件紹介サイト「飲食店居抜きネット

 
 
 

foodline

ライター紹介:foodline

飲食をもっと楽しくする、飲食業界の情報メディア「フードライン(foodline)」の公式アカウント。
記事一覧はこちら

Pick Up おすすめ記事