【衝撃】ワンコインピザが旋風を起こす!人気の3店舗をご紹介♪

ピザ出典:http://bit.ly/18vgeDg
 

 

皆さんこんにちは。
500円で食べられる本格ピザが新しいトレンドを起こしています。
本格ピザといえば、1000円以上は当たり前。外食では若干高級なイメージがありますが、たったのワンコインでおいしいピザが食べられると言うのは本当なんでしょうか?
 
本日は人気の3店舗をピックアップすると共に、繁盛の秘密に迫っていきます♪
 
 

吉野家ピザこと『ピッツァナポレターノカフェ』

 
吉野家
 
なんと牛丼チェーン店で有名な「吉野家」が運営。1号店は東京杉並区の新高円寺駅前。
外装は庶民に親しまれる吉野家とは打って変わって、オシャレなカフェ風。
看板メニューは「マルゲリータ(500円)」で、生地を伸ばして窯で焼き上げる様子は店内外からも見る事ができます。

 

皆の口コミ

・耳の部分は広めにとられておりふっくらしている。トマトソースとチーズはふつふつと美味しそうな音をたて、まさに誰もがイメージするナポリピッツァのマルゲリータだ。
・食べると耳の部分はパリパリ、中はモチモチで意外に食べ応えがある。ただ、男性だとボリューム的に物足りないかもしれない。
・吉野家の牛丼は(食べたことないですが)低価格でそこそこのボリュームというイメージですが、ピザ1枚ではとてもおなかいっぱいになることができず、帰り道でパンを買って帰ったほどでした。ピザ自体は、おいしかったです。

 
出典:http://nkbp.jp/1f0xzbm 食べログ
詳しくはコチラ
 

イタリア食材にこだわる『Napoli,s』

 
ナポリ
 
ナポリスの特徴は、ナポリ本場の味を日本に広めるべく、トマトソースやチーズなどこだわりのイタリア食材を使っている事にあります。
更に、ピザ生地を伸ばす行程から、窯で焼き上げてお皿に載せるまでがなんと90秒♪これはすごいですね!
500℃の高温窯で一気に焼き上げるので美味しさが凝縮されるそうです。
このクオリティーで「マルゲリータ(350円)」は革命ですね。。
 

皆の口コミ

・たとえるなら、こんな感じだ。何も言えなくて…夏 JAYWALK - 綺麗な指してたんだね 知らなかったよ  となりにいつも いたなんて  信じられないのさ. まさか、こんなところにこんな素敵な娘がいたなんね。 すっかり虜になってしまいました。
・この350円のマルゲリータあり得ない位(笑)美味しかった。。。だって350円でしょ???普通は。あ~。やっぱりね~。ってはずでしょ!生地は薄めのモッチリしててトマトソースも美味しいし
チーズも美味しいし文句無いです~!

 
出典:http://bit.ly/J4NsUf 食べログ
詳しくはコチラ
 
 

ボリューミでワンコイン『sempr epizza』

 
ピザ
 
sempr epizzaはMサイズのボリュームピッツァをワンコインで楽しめちゃいます。
材料も本場ナポリのものを使用しており、お客さんの反応も上々みたいですよ!
おいしいピザをお値打ち価格で食べられるとあって、行列ができることもあるようです。
外装もかなりオシャレなので、デートやお友達と一緒に気軽に楽しめそうですね♪
 

皆の口コミ

・お店はなんと最低価格280円! たったの280円で直径約25センチのピザを焼きたてで食べることができるのだ。しかも激ウマ!! ここのピザを食べたら「もう他店でピザを頼むことはできない。ピザに1000円って(笑)」という人が出てくるかも? 他店と値段の差は歴然。
・味は本格派のナポリピッツア。サイズも決して小さく無い。大したもんだ。ピザなんてどうせ小麦粉捏ねて焼いたもの。原価と売価の乖離に立腹していましたが、ようやく溜飲が下がりました。他店では800円の価値はあるでしょうね。

 
出典:http://amba.to/IVSSAn 食べログ
詳しくはこちら
 
 

まとめ

 
皆さんいかがでしたか?
本場ナポリではピッツァは庶民的で手軽な存在だそうです。是非行ってみてくださいね♪
今までは少し高いイメージがあったピッツァですが、ワンコインであれば、ファーストフードのように広がっていくかもしれませんね。。
 
配達専門のピザ屋さんが苦戦を強いられそうですが、「本格ワンコインピザ」が新しいトレンドになるのは間違いなさそうです。
 
 
飲食店の総合支援サービスサイト「飲食店支援.COM
集客できるハイクオリティーWEB制作「飲食店ホームページ制作
飲食業のみに特化した税理士紹介サービス「飲食店税理士紹介
繁盛店が選ぶ、内装デザインのプロが集結「飲食店内装デザイン
手数料業界最安値の飲食店専門居抜き物件紹介サイト「飲食店居抜きネット

 
 
 

foodline

ライター紹介:foodline

飲食をもっと楽しくする、飲食業界の情報メディア「フードライン(foodline)」の公式アカウント。
記事一覧はこちら

Pick Up おすすめ記事