べースブレッドの口コミと私の本音レビュー!食生活を改善したい方におすすめです

完全栄養食として注文されているベースブレッドですが、初めての人にとっては、どんな食べ物なのか気になるところ。

実際に私も完全栄養食ベースブレッドを食べてみましたが、これは好き嫌いが別れそうな食べ物だな〜と感じました。

yasu

正直に言って、あまりおいしいとは言えないです。それでも栄養面がめちゃくちゃ優れているので、私は継続して食べて続けています。

栄養が豊富に含まれているので、食生活の改善には役立ちますが、続けないことには意味がないですよね。

そこで、この記事ではベースブレッドのネット上の口コミや、私が食べて感じたレビューやメリット・デメリットなどを紹介していきます。

ベースブレッドの良い・悪いところを納得した上で、公式サイト(初回20%OFF)で購入すれば失敗しなくて済みますよ。

\初回は20%OFF!解約もカンタンにできます/

ベースフード公式サイトで初回20%OFFで購入する方法
→「ベースフードをクーポン・20%割引で安く買う方法」をご覧ください。

ベースフードを解約する方法
→「ベースブレッド解約で超お得!直前に1000円引きで購入する方法!」をご覧ください。

目次

ベースブレッドは1日に必要な栄養素が入った太りにくいパン

ベースブレッドは、1食2袋で1日分の栄養基準値の1/3が摂れる『完全栄養食』です※。

ベースブレッドの原料には全粒粉やチアシードなどが使われ、たんぱく質やビタミンもたくさん含まれています。

各フレーバーで栄養素がわずかに違う

ベースブレッドは5種類のフレーバーがあり、どれも1日に必要な栄養素がたっぷり含まれています※。

味によって含まれている栄養素はわずかに違いますが、あまり気にしなくてOKです。

下記の表は、ベースブレッド1袋分の栄養素になります。ベースブレッドは1食2袋で完全栄養になります※。

1袋あたりカロリーたんぱく質
プレーン205kcal13.5g
チョコ255kcal13.5g
メープル264kcal13.5g
シナモン262kcal13.5g
カレー253kcal13.5g
1袋あたり脂質炭水化物
プレーン5.4g23.9g
チョコ7.8g29.3g
メープル8.2g30.3g
シナモン8.5g29.4g
カレー10.2g28.4g
1袋あたり塩分ビタミンC
プレーン0.7g19mg
チョコ0.69g19mg
メープル0.7g17mg
シナモン0.7g17mg
カレー1.21g17mg

プレーンはカロリーや脂質、炭水化物が低め、カレーは脂質や塩分が高めという特徴があります。

他の栄養素については、どの味もだいたい同じくらいになっています。

yasu

フレーバー(味)によって栄養素が少し違いますが、あまり気にしなくOKです。なにせ『完全栄養食※』ですからね。

※栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

ベースブレッドは低GIで太りにくい

食後の血糖値の上昇度合いを示す数値をGI値(グリセミック・インデックス)と呼びます。

ご飯などは血糖値が上がりやすい高GI食品、全粒粉パンは血糖値が上がりにくい低GI食品に分類されます。

なお、ベースブレッドの原料は小麦全粒粉で低GI食品なので、食べても太りにくいパンなんです。

ちなみに高GI食品を食べ続けると、高血糖や肥満の原因にもなります。

参照『グライセミック・インデックス(Glycemic Index:GI) ―その概念と臨床応用への期待―

yasu

ベースブレッドは低GIで太りにくいうえに、血糖値の上昇も緩やかなので、食事後の眠気も抑えてくれます。

ベースブレッドの口コミと実食レビュー

ベースブレッドのネット上の口コミをまとめると、だいたい以下の4種類に別れるようです。

ベースブレッド ネット上の口コミ

ネット上の口コミだと以下4つに分かれる
・おいしい
・腹持ちがいい
・手軽に栄養が摂れる
・まずい

ベースブレッドの広告をみて購入する人も増えている印象です。

そのままでも、アレンジしてもおいしい

ベースブレッドが「おいしい」という声も多いです。

そのまま、あるいはレンジでチンしたり、ハチミツをかけたり、他の食材と組み合わせたり、いろんなアレンジで味を楽しめるのはベースブレッドの特徴でもあります。

yasu

私は同じ味でも問題ないので、アレンジせずにそのままの状態で食べています(面倒くさいだけ笑)。

腹持ちがいい

ベースブレッドは腹持ちがいいのも特徴の一つ。朝に食べてもお昼まで持つので、お昼頃にお腹がグーグー鳴る人は試してほしいです。

間食も減ると思うので、余計な食費を抑えれるかも。

yasu

私も朝はベースブレッドを食べています。1食2袋なんですが、お腹に貯まるので私は1袋だけにしてます。

手軽に栄養が摂れる

ベースブレッドの最大の特徴は、手軽に栄養が摂れること。

そうじゃなければ普通のパンでもいいのですが、1日に必要な栄養素※が含まれているならば、食べない理由は無いですよね。

yasu

日頃の食生活・栄養面が気になるなら、ベースブレッドに置き換えてみるのもアリですよ。

パサついた口当たりがまずい

ベースブレッドがおいしいという口コミもありますが、パサついて口当たりがまずいという口コミもあります。

チョコレートやメープルなど5種類のフレーバーがありますが、ほんのり味がついているだけなので、コンビニのパンと比べると味はイマイチに感じます。

全粒粉で栄養はあるのですが、パサパサした食感が合わない人もいるわけですね。

yasu

私もどちらかというと、まずい派です。ですが1日に必要な栄養素が豊富に含まれているので、継続して利用しています。

\初回は20%OFF!解約もカンタンにできます/

※栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

私がベースブレッドを続ける理由は栄養素

私がベースブレッドを続ける理由は2つ。

私がベースブレッドを続ける2つの理由

・栄養が偏っていて食生活を見直したいから
・同じもの食べ続けても飽きないから

1番の理由は、1日に必要な栄養素が含まれているから

栄養が偏っていて食生活を見直したいから

ベースブレッドを続ける1番の理由は『食生活を見直すため』です。

普段から同じような食事で栄養が偏っていたので、思い切ってベースブレッドを食べてみることにしました。

1日に必要な栄養素※が含まれているので、何も考えずベースブレッドさえ食べておけばOKという食生活はとてもラクです。

特にサラリーマンの朝の時間は貴重だから、食事に時間をかけたくない人もいるはず(私がそうなので)。

ちゃんと栄養を摂りつつ時短したい、そんな人にはベースブレッドがおすすめです。

yasu

朝食はホットドッグを飽きることなく食べていたので、このままではマズイと思い、今では朝食をベースブレッドに切り替えています。

同じものを食べ続けても飽きないから

「味は5種類しかないのか・・」と思いつつ、私は同じような食事でも気にならないタイプなので、ベースブレッドを続けています。

そのままの味に飽きたらアレンジすればいいのですが、私はアレンジする手間が面倒に感じたので、そのまま食べています。

アレンジ方法については、TwitterなどのSNSなどを参考にするといいでしょう。

ベースブレッドも有名になりつつあるので、いろんな人がアレンジしたベースブレッドを投稿してますよ。

※栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

ベースブレッドのメリット

ベースブレッドのメリットがこちら。

ベースブレッドのメリット

・料理の手間が省ける、後片付けも不要

・手軽にバランス良く栄養が摂れる

・栄養面だけ考えればコスパはいい

・低カロリーなのでダイエット中もおすすめ

1番のメリットは1食2袋でちゃんと栄養が摂れること

料理の手間が省ける、後片付けも不要

食事の準備や後片付けって、面倒だし手間がかかりますよね。

ベースブレッドは栄養があるパンみたいなものですから、袋を開けて食べる→食べ終わったら袋を捨てる、たったそれだけで食事が終わります。

朝食の時間がもったいない、お昼は忙しいからパパっと済ませたい、そんな人にベースブレッドはぴったりですよ。

yasu

特にサラリーマンにとって、朝の時間はとても貴重。栄養がパパッと摂れるベースブレッドがあれば、朝の自由時間も増やせるのでは?

手軽にバランス良く栄養が摂れる

ベースブレッドの特徴といえば、やっぱり栄養が豊富に含まれている点。

普段の食生活や栄養バランスを改善したいけど、どうすればいいのか分からない・・・。

そんな悩みはベースブレッドで簡単に解決しますよ。

なぜならベースブレッドを2袋食べれば、1日に必要な栄養の1/3が摂取できるんですから。

yasu

朝食や昼食が適当になっている人もいるはず(私がそうでした)。まずはベースブレッドを1食取り入れるところから始めてみてください。

栄養面だけ考えればコスパはいい

1日に必要な栄養の1/3が、1食312円〜で摂れると考えれば、コストパフォーマンスも良いですね※。

普段の食事で、栄養バランスも考えながら、1食300円台で料理するのは大変だと思います。

手作り料理と比べると、味やおいしさの面で劣ってしまいますが、栄養面ではベースブレッドが優れています。

yasu

もしベースブレッドの味に飽きたら、アレンジ次第でいくらでもおいしくできますよ。

低カロリーなのでダイエット中の食品としても使える

ベースフードは低カロリーなので、ダイエット中の女性にもおすすめです。

例えば、普段あまり体を動かさない女性の場合、1日に約1700キロカロリーが必要とされています。

ベースブレッドは1食2袋で約500キロカロリーなので、たとえ3食分を食べてもカロリーの摂りすぎにはなりません。

yasu

ダイエットだけでなく、健康的なカラダ作りにも役立ってくれます。

\初回は20%OFF!解約もカンタンにできます/

※栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

ベースブレッドのデメリット

ベースブレッドのデメリットはこちら。

ベースブレッドのデメリット

・パサパサ感があって味の好みが分かれる

・フレーバー(味)が少ないので飽きる

・糖質制限している人にはやや不向きかも

パサパサ感があって好き嫌いが分かれる

ベースブレッドは全粒粉のパンなので、食べててパサパサ感があり、好き嫌いが別れると思います。

なぜなら、私はベースブレッドのパサパサ感がまずいと感じる派だからです。

チョコやメープルはまだマシですが、カレーは全然ダメ。

ですがベースブレッドがおいしいという口コミもあるので、まずは一度試してみてください。

yasu

アレンジすればおいしくできますが、私はそのまま食べる派。なので味はあまり気にせず、栄養重視で食べています。

フレーバーが少ないので飽きる

ベースブレッドは1食分が2個だし、フレーバーは5種類(プレーン・チョコ・メープル・シナモン・カレー)しかないので、続けていくうちに飽きてくる可能性があります。

アレンジできる人には問題ないかもしれませんが、アレンジするのが面倒な人にとっては、フレーバーの少なさは問題になるかもしれません。

yasu

新フレーバーの登場を期待しましょう。

糖質制限ダイエットしている人には不向き

糖質制限ダイエットしている人には、ベースブレッドはちょっと不向きかもしれません。

糖質制限ダイエットとは、一食あたりの糖質量を20〜40g(1日で70〜130g)に抑えるダイエットです。

しかしベースブレッドの糖質は、1食2袋で40〜55g(味によって異なる)になります。

そのため、1日にベースブレッドを食べる回数によっては、制限を超えてしまう可能性もあります。

yasu

糖質制限している人は、ベースブレッドを食べる量を把握しておいた方がいいかも。

ベースブレッドは公式サイトが一番安く買える

ベースブレッドの口コミやメリット・デメリットを知って、もし食べてみたいと感じてもらえたなら、ベースフード公式サイトで購入すれば一番安く手に入りますよ。

amazonや楽天市場でも販売されていますが、ベースフード公式サイトよりも割高です。

公式サイトにて継続コースで注文すれば、初回は20%OFF(2回目からは10%OFF)で購入できます。

継続コースとはいえ、購入回数の縛りはなく、1回買った後でも簡単にやめれます。

\初回は20%OFF!解約もカンタンにできます/

ベースフード公式サイトで初回20%OFFで購入する方法
→「ベースフードをクーポン・20%割引で安く買う方法」をご覧ください。

ベースフードを解約する方法
→「ベースブレッド解約で超お得!直前に1000円引きで購入する方法!」をご覧ください。

yasu

私はあまりおいしいと感じたことはないですが、栄養が豊富に含まれているので食べ続けています。購入の際は、公式サイトでの注文が一番安いですよ。

ベースブレッド 口コミまとめ

この記事のまとめです。

ベースブレッドには「おいしい」「腹持ちがいい」「栄養がある」「まずい」といった口コミがありました。

私はベースブレッドを食べて、あまりおいしいとは感じませんでしたが、栄養が豊富に含まれているので継続して食べています。

ベースブレッドは手軽に食べれるので、朝食や昼食にピッタリの栄養食です。

味は5種類しかありませんが、ハチミツやチーズ、生ハムなどを使ってアレンジすれば更においしくなりますよ。

ベースブレッドの公式サイトでは、初回20%OFFで買えるキャンペーンもやっているので、ぜひアナタもベースブレッド生活を体験してみてください。

\初回は20%OFF!解約もカンタンにできます/

ベースフード公式サイトで初回20%OFFで購入する方法
→「ベースフードをクーポン・20%割引で安く買う方法」をご覧ください。

ベースフードを解約する方法
→「ベースブレッド解約で超お得!直前に1000円引きで購入する方法!」をご覧ください。

※栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

コメント

コメントする

目次
閉じる